自然なだけど盛れる学校・仕事でもOKなナチュラル系カラコンの特集!

《自然なナチュラルカラコン特集!》人気のおすすめカラコンは?

ナチュラル系カラコンならフチあり?フチなし?

カラコンにはフチがあるカラコンと、フチの無いカラコンがあります。ナチュラル系を目指すのであればフチあり、フチなしカラコンどちらが良いのでしょうか。
 

デカ目効果を狙うのならフチあり

デカ目効果があるのはフチありのカラコンであり、フチがあると黒目の輪郭が強調されて目が大きくなります。その為、少しでも目を大きく見せたいのであればフチがあるカラコンをおすすめします。
 

フチなしの方がナチュラルに見える

フチは瞳の輪郭を強調させますので、ナチュラルなカラコンだとはいえません。ナチュラル系=裸眼と変わらないぐらいと考えるのであればフチはない方が良いでしょう。最近のナチュラル系カラコンにはフチがないカラコンも多くあり、着色方法もドット着色で色と色の隙間が多いのが主流です。

ナチュラルに見せるポイントとしては、カラコンの部分と裸眼の部分の境目をはっきりとさせないということです。そうすることによって裸眼との境目が曖昧になってよりナチュラルなカラコンを目指すことができます。

 
サークルレンズはナチュラルだが
ナチュラル系のカラコンにはサークルレンズというものがあります。これはフチにのみ着色されたカラコンで、デカ目効果もあるナチュラルなカラコンとなっています。しかし、これはフチのデザインによっても差は大きくあります。


フチの着色がベタ塗り方法であれば瞳の輪郭は非常に強調されてナチュラルだとは言い切れません。しかし、ベタ塗りではなく、着色の間隔が大きく空いているもの、ぼやけて着色されているものであれば裸眼との境目がなくなって非常にナチュラルにみせることができます。

関連ページ