自然なだけど盛れる学校・仕事でもOKなナチュラル系カラコンの特集!

《自然なナチュラルカラコン特集!》人気のおすすめカラコンは?

ナチュラルに見えるカラコンサイズの選び方

ナチュラル系の瞳を目指すのであれば、カラーだけではなく必ずサイズも注意してみましょう。
カラコンには様々なサイズがあり、大き目のものから小さ目のものまであります。基本的にカラコンのサイズはDIA呼ばれ、これは直径を意味します。
DIAは小さいものですと11mm台、大きなものになりますと15mm以上のものまであります。

着色直径にも注意しましょう。DIAが大きくても着色直径が小さいものもあります。最近のカラコンは外側まで着色されているものが多いですので、DIAのサイズに近い着色直径がほとんどです。

では、なぜナチュラル系を目指すのであればサイズが重要になるのでしょうか?
 

目の大きさは数ミリで変化が起きる

目の大きさは例え1mmでもサイズの変化が起きますと全体的に印象はガラッと変わってきます。その為、自信の黒目の大きさよりも1mmでも大きなカラコンを装着しますと目が大きく見えて、強く主張されます。

日本人の平均の黒目の大きさは11.5mm〜12.5mm前後が多いと言われています。その為、12.5mmから13.5mm程度の大きさのものでも十分に変化は表れます。しかし、それを超えるほどの大きさを選んでしまいますと、目が必要以上に強調されて違和感が起きる可能性は十分に考えられます。数ミリでも変化が起きる黒目ですので、そのあたりはしっかりと理解して購入するようにしましょう。
 

白目と黒目の比率

目のバランスは黒目と白目の比率によって決まります。
一番良い比率は黒目が1、白目が右側0.5、左側0.5です。そのバランスを覚えておきましょう。黒目が小さい人ならばその比率に合わしてカラコンを選びますと非常にバランスのとれた瞳になることができます。

あくまでナチュラル系の瞳を目指す人はこの比率が一番良いですが、デカ目を目指したいといった場合にはもう少し黒目の比率を上げても良いですね。

 

初心者は小さ目のカラコンがおすすめ

現在のカラコンは肥大化が進んでいます。これは瞳を大きくさせたいといった人が多いからです。14mmは当たり前のようにありますので、12mmなど比較的小さ目のカラコンを探す方が珍しいと言われています。

初心者の方にはまず小さ目のカラコンをおすすめします。
特にコンタクトに慣れていない方は小さ目にしておきましょう。基本的に小さいカラコンは目に当たる面積が小さいですので、目に負担が少なく、初心者でも問題なく使用できると言われています。
 

サイズを選ぶ際のポイント

サイズを選ぶ際のポイントとしては、徐々に大きくしていくということです。最初は12mm前後のカラコンから初めて、それで問題なければ使い続ける、物足りなければ徐々に大きくしていくと自分に合ったカラコンを選びやすいでしょう。

注意しておきたいこととしては、目自体の大きさに注意しておくことです。大き目のカラコンを装着して白目がほとんど見られない人もいます。これは見た目に難があるだけではなく、目を必要以上に覆ってしまう傾向にありますので、酸素が行き届かずに、傷の原因となってしまったり、乾燥の原因になってしまったりしますので、十分に注意しましょう。


関連ページ